鬼頭(おにがしら)によるビットコインの仮想通貨投資情報

医療提供者と患者を結ぶ「スマートコントラクト」を利用した新サービスの開始とICOのお知らせ – Robomed Network

2017.10.16

2017年10月16日 Robomed Network(代表取締役:フィリップ・ミロノビック)

概要
医療系の「スマートコントラクト」の開発を行うRobomed Networkは、医療提供者と患者を結ぶ「スマートコントラクト」を利用した新サービスを開始します。プラットフォームを支える独自トークンであるRobomedトークン(RBM)のICO(Initial Coin Offering)を実施します。Robomedトークン(RBM)の前売りを2017年10月25日に開始、ICOを2017年11月15日にスタートします。

以下、One Page(PDF)より抜粋
Robomed Networkとは
Robomed Networkは、ブロックチェーントークンによって管理され、最も効果的な医療を提供するよう設計された医療ネットワークです。Robomed Networkエコシステムとは、スマートコントラクトに基づいて医療サービスの提供者と患者を結ぶことができます。また、スマートコントラクトは医療サービスのパフォーマンス指標、および患者満足度の価値基準をベースとしています。

その仕組み
Robomed Networkは、医療提供者と患者の間のスマートコントラクトをサポートする独自のトークンを発行します。RMBを利用したスマートコントラクトは、特定事例における網羅的な臨床ガイドラインを医療提供者に付与することによりサービスの質を高めます。
Robomedの臨床ガイドラインは、Rbomed Networkの高いゴールと報酬を目標設定された専門の医療コミュニティによって常に改善された契約に紐付いています。

Robomed Networkエコシステム

Robomedモバイル
Robomedモバイルは、RBMトークンのウォレット機能を備えたものです。Robomedモバイルを利用することで、患者は遠隔医療相談を受けたり、訪問予約、延期やキャンセルから、医療データを表示する相手の選択まで、医療機関とスマートコントラクトを結ぶことができます。

Robomedウェブ
Robomedウェブは、患者の便宜のために配備されたRobomedモバイルのデスクトップバージョンです。これにより、ソフトウェアをダウンロードすることなく、任意のコンピュータでRobomed Networkのすべての利点を十分に活用することができます。また、Robomed ウェブは、医療ナリッジベースにアクセスし、様々な医療サービスの価値基準を決定、または更新する際に、医療コミュニティおよび患者コミュニティによる投票を行うために使用されます。

数字で見るRobomed
今日、Robomed Networkはソフトウェア製品を急速に開発しており、年間で114%を費やしています。

Robomed Network

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト更新通知

サイトが更新されたらメールで通知します!

Link

自己紹介

鬼頭(おにがしら)

コージ先生の一番弟子を自称しております。
ICO案件や仮想通貨関連ニュースで気になるものを取り上げていきますので、何卒よろしくお願いいたします。m(_ _)m

 

カテゴリー

お問い合わせ