鬼頭(おにがしら)によるビットコインの仮想通貨投資情報

「IBM ブロックチェーン」を使用したクロスボーダー決済向けのブロックチェーンネットワークを発表 – IBM

2017.10.18

2017年10月18日 IBM(本社:Armonk, New York CEO:バージニア(ジニー)・M・ロメッティ)

(IBMのプレスリリースから一部抜粋)
IBMは、決済時間を短縮することで企業や消費者のグローバル・ペイメントにおけるコスト削減を目的して、クロスボーダー決済向けのブロックチェーン・ネットワークを発表しました。 今回発表された新しいネットワークは「IBM ブロックチェーン」の技術を使用し、Stellar.orgとKlickEx Groupとの技術提携先により、単一のネットワーク上でほぼリアルタイムに取引決済することで、スピードを向上させることを目的としています。

今日、クロスボーダー決済には費用がかかる上、煩雑であるため誤りを起こす可能性があります。各国間の通貨取引は、複数の仲介業者を必要とし、完了に数日または数週間かかります。世界銀行によると、近代化し、金融アクセスを提供するイニシアティブは、通貨と商取引の流れを改善し、2020年までに10億人に金融サービスを拡大するという目標を達成するのに役立つだろうとしています。

このネットワークは、すでに太平洋諸島とオーストラリア、ニュージーランド、英国の12の通貨コリドーで取引を処理しています。
将来、IBMネットワークを利用して、サモアの農家がインドネシアのバイヤーと貿易契約を結ぶことを可能にする可能性があります。 ブロックチェーンは、契約条項を記録し、貿易文書を管理し、担保を差し入れ、信用状を取得し、即時支払いで取引条件を確定し、透明性と相対的に容易な世界貿易を実施するために使用することができます。

IBMは、開発および導入プロセスの一環として、みずほ・フィナンシャル・グループや三井住友フィナンシャル・グループ等の主要な金融機関を招集しています。

IBMインダストリー・プラットフォームのSeniro Vice PresidentであるBridget van Kralingen氏は”世界有数の金融機関のリードのもと、IBMは決済ネットワークをより効率的かつ透明性の高い新しい方法を模索しており、世界の最も離れた場所でもリアルタイムで銀行業務が行われるようになっている。”とし、”分散型元帳技術の相互運用性を高めることは、ブロックチェーンの急速な進歩を導くIBMのリーダーシップの最新例である”と述べています。

About IBM
IBM is the leader in open-source blockchain solutions built for the enterprise. As an early member of Hyperledger, an open source collaborative effort created to advance cross-industry blockchain technologies, IBM is dedicated to supporting the development of openly-governed blockchains. IBM has worked with more than 400 clients across financial services, supply chains, IoT, risk management, digital rights management and healthcare to implement blockchain applications. For more information about IBM Blockchain, visit https://www.ibm.com/blockchain/

IBM News Release

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト更新通知

サイトが更新されたらメールで通知します!

Link

自己紹介

鬼頭(おにがしら)

コージ先生の一番弟子を自称しております。
ICO案件や仮想通貨関連ニュースで気になるものを取り上げていきますので、何卒よろしくお願いいたします。m(_ _)m

 

カテゴリー

お問い合わせ