鬼頭(おにがしら)によるビットコインの仮想通貨投資情報

仮想通貨による資金調達「ICO」新しい資金調達の潮流

2017.10.13

「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」が新しいかたちの資金調達方法として注目を集めているみたいですね。ICOは仮想通貨やトークンと呼ばれる独自の電子コインを発行して、個人などに販売する手法で、新規株式公開(IPO)とよく似た資金調達です。資金調達に要する期間はIPOより短期間で済むと言われています。実は、私が関わっている会社(CITA)にも、ICOによる資金調達を目的とした新規の仮想通貨プロジェクトが世界中から集まっています。実際、かなりの案件があり、手が回らないのが現状なんです。(^_^;)

日本でも、仮想通貨の取引所を運営するテックビューロがICOプラットフォーム「COMSA」を開設して、すでに80億円超を集めているとのことです。

また、金融情報を提供するモーニングスター(JQ、4765)が仮想通貨と新規仮想通貨公開(ICO)の格付け事業を開始すると正式に発表していますね。日経新聞によれば、同社は、

”これまで培ってきた投資信託や債券格付けの評価手法やノウハウを応用し、仮想通貨の格付けを国内外の投資家に向け提供していく”

としてますが、実際にどのような格付けが行われてるのか個人的には大変興味があります。

今年に入り、ビットコインをはじめとした仮想通貨に係る情報が非常に多くなっています。ICOに関しては、詐欺まがいの話が非常に多いと聞いてますので、投資する際には仮想通貨に詳しい第三者の意見を聞くなど慎重を期してくださいね!!

日本経済新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト更新通知

サイトが更新されたらメールで通知します!

Link

自己紹介

鬼頭(おにがしら)

コージ先生の一番弟子を自称しております。
ICO案件や仮想通貨関連ニュースで気になるものを取り上げていきますので、何卒よろしくお願いいたします。m(_ _)m

 

カテゴリー

お問い合わせ