鬼頭(おにがしら)によるビットコインの仮想通貨投資情報

ビットコインの時価総額がトヨタ超え!? 仮想通貨関連株が買われる

2017.12.09

仮想通貨ビットコインの上昇がとまりません。1ビットコインのドル建て価格は日本時間7日に時価総額は2500億ドル(28兆円)を超え、日本首位のトヨタ自動車(約2010億ドル)の時価総額をあっさりと抜き去ってしまいました。

連日のビットコインの急騰が買い材料となり、GMOなどの仮想通貨関連銘柄が広く買われている状況です。同社のほかSBIHD<8473>やマネパG<8732>なども値を伸ばしています。なお、現在のビットコインの売買の大半は個人ですが、米シカゴ・オプション取引所が10日、米シカゴ・マーカンタイル取引所が18日にビットコイン先物取引がスタートすることで、機関投資家も取引が可能な環境が整いはじめています。

日本国内の仮想通貨関連銘柄は以下のとおりです。

・カイカ(証券コード:2315):2017年4月、フィスコ仮想通貨取引所等と業務提携合意
・マーチャント・バンカーズ(3121):2017年2月、ビットコイン取引所「BtcBox」と資本・業務提携を発表
・VOYAGE GROUP(3688):子会社のVOYAGE MARKETINGがbitFlyerと提携、自社ポイントをビットコインに交換できるサービスを開始
・ロックオン(3690):「Zaif Payment」のテックビューロと業務提携し、自社ネットショップでビットコインによる決済が可能
・リアルワールド(3691):bitFlyerと業務提携。自社クラウドサービスで貯めたポイントをビットコインへ交換可能
・セレス(3696):2016年9月、ビットコイン送金サービス「CoinTip」のサービスを開始
・GMOペイメントゲートウェイ(3769):bitFlyerと業務提携し、ビットコインで決済できるサービスを導入
・インターネットイニシアティブ(IIJ)(3774):QUOINEやKeychainと協業。仮想通貨流通のネットワーク環境を構築する事業開始
・フィスコ(3807):傘下のフィスコ仮想通貨取引所ではビットコインや日本で作られた暗号通貨モナコインの取扱
・オウケイウェイヴ(3808):ブロックチェーン技術とビットコイン取引所を有するテックビューロ、breadwallet LLCと業務提携
・リミックスポイント(3825):傘下のビットポイントジャパンはビットコインやイーサリアムの仮想通貨を扱う取引所・販売所
・インフォテリア(3853):一般社団法人ブロックチェーン推進協会が、インフォテリアなどの企業と共同で仮想通貨「Zen」の実験を開始
・アイリッジ(3917):ブロックチェーン技術を活用した電子地域通貨の商品化に着手
・メタップス(6172):2017年3月、AIによる仮想通貨の取引データの解析をし、投資アルゴリズムを構築
・GMOメディア(6180):ビットコインでオンラインゲームのアイテムを購入できるサービスを開始
・トレイダーズホールディングス(8704):2017年4月、子会社であるみんなのビットコイン株式会社が仮想通貨取引所サービスを提供開始
・マネーパートナーズグループ(8732):米大手取引所「Kraken」と業務提携を検討中
・GMOインターネット(9449):子会社のgmo-z.comコインがビットコインの売買ができる取引所を開始

日経新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト更新通知

サイトが更新されたらメールで通知します!

Link

自己紹介

鬼頭(おにがしら)

コージ先生の一番弟子を自称しております。
ICO案件や仮想通貨関連ニュースで気になるものを取り上げていきますので、何卒よろしくお願いいたします。m(_ _)m

 

カテゴリー

お問い合わせ