鬼頭(おにがしら)によるビットコインの仮想通貨投資情報

仮想通貨の会計ルールの環境整備がすすむ

2017.11.24

ビットコインの高騰が続くなか、企業がビットコインなど仮想通貨を活用する際の会計ルールの整備が進んでいます。企業会計基準委員会(ASBJ)は企業が仮想通貨を活用する際の会計ルールの大枠を固め、価格変動リスクの回避に利用できるビットコインの先物取引も始まっています。

ASBJで公表されている「現在開発中の会計基準に関する今後の計画」によると、「仮想通貨に係る会計上の取扱いに関する指針」の公開草案が11月に公表される予定です。
”仮想通貨交換業者に対する財務諸表監査制度の円滑な運用の観点、及び会計処理が明確にされない場合には多様な会計実務が形成される可能性がある点を踏まえ、仮想通貨交換業者及び仮想通貨の利用者における仮想通貨に係る会計上の取扱いについて”議論がすすめられていますが、仮想通貨を取扱いは以下の3点が会計上のポイントとなります

1. 仮想通貨の時価は、その会社が取引実績の最も多い取引所の価格とするか?
2. 取引の少ない仮想通貨は取得時の価格で評価するか?
3. 顧客から預かる仮想通貨は貸借対照表に計上するとともに、同額を負債にも載せるとするか?

現状、会計基準が公表されていない状況では、仮想通貨を即時に円に換金する運用を行っている企業が多いものの、ルール整備により仮想通貨を決済や国際送金に使うケースが今後増えていくことが想定されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト更新通知

サイトが更新されたらメールで通知します!

Link

自己紹介

鬼頭(おにがしら)

コージ先生の一番弟子を自称しております。
ICO案件や仮想通貨関連ニュースで気になるものを取り上げていきますので、何卒よろしくお願いいたします。m(_ _)m

 

カテゴリー

お問い合わせ