鬼頭(おにがしら)によるビットコインの仮想通貨投資情報

雨後の竹の子状態 仮想通貨ファンドが世界で急増1年で5倍増

2018.01.07

日経新聞によると、仮想通貨に投資するファンドが世界で急増している。2017年末時点で175本に達し、16年末に比べて約5倍に増えているようです。ビットコイン等の仮想通貨が軒のみ上昇したことから、仮想通貨投資のニーズが高まっているようです。また、株や債券と同じような形で複数の仮想通貨に分散投資できるファンドに富裕層などの資金が流入しており、今後もこの流れはつづくものと考えられます。

では、どんなファンドがあるのかいつくか調べてみました。
・Galaxy Investment Partners:設立者マイケル・ノボグラーツ氏が立ち上げたファンドで、投資額は5億ドル(約56億円)
・Pantera Capital:Dan Moreheadが14年前に設立、ビットコインをはじめとする仮想通貨に特化したファンドを業界に先駆けて立ち上げ
・Miller Value Partners:アメリカ投資家ビルミラー氏が運営するヘッジファンド。資金の半分をビットコインに投資

国内企業の動向
・FISCO Crypto Currency Fund(仮称):フィスコ等が運営する10億円規模の仮想通貨投資ファンド
・グローバル ICO ファンド:、B Cryptosが運営する仮想通貨投資ファンド。QOINEが参加表明
・SBI:米コーベンチャー・ホールディング・カンパニーに出資し、仮想通貨ファンド組成で連携
・フィンテックグローバル:仮想通貨発行企業へ投資するファンド運用会社「e-Best Ventures OU」の出資持分取得を発表

ファンドの3分の1はベンチャーキャピタル方式の投資戦略を展開しているようです。
2018年も仮想通貨業界にとってアツイ年になりそうですね。

日経新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト更新通知

サイトが更新されたらメールで通知します!

Link

自己紹介

鬼頭(おにがしら)

コージ先生の一番弟子を自称しております。
ICO案件や仮想通貨関連ニュースで気になるものを取り上げていきますので、何卒よろしくお願いいたします。m(_ _)m

 

カテゴリー

お問い合わせ